リハビリ

職 種

 杜の樹のリハビリテーションは、ご利用者の状態に合わせ、より適切なアプローチをします。例えば脳梗塞後遺症の症状に対してはボバース概念に基づくアプローチ、PNF、川平法などを適用していきます。また、痛みについては筋膜リリース、筋筋膜マッサージ、ストレッチング、Joint mobilizationなどで治療を行います。

事例

 脳梗塞の後遺症で右半身麻痺を患った方です。病院を退院後、すぐの利用となりました。

 

<デイサービス利用開始前の状況>

◉右手の麻痺は軽いものの頭上に挙げることが難しく、生活で右手は使われていませんでした。

◉歩行はT字杖を使用し、何とか歩かれていました。階段は一段づつ慎重に昇り降りされていました。

◉椅子からは立ち上がれていましたが、床から立つことは出来ませんでした。

 

<デイサービス利用開始16ヶ月>

◉改善したこと

 ①右手でドアノブを握り、ドアの開閉ができるようになった。

 ②両手で靴下を持ち、履くことができるようになった。

 ③右手で書字動作ができるようになった。

 ④杖を使わず、独歩で300mは歩けるようになった。

  300mの歩行速度:10分以上 → 6分台で歩けるようになった。

  買い物、外食に行けるようになる。

 ⑤床からスムーズに立ち上がれるようになった。

 ⑥階段を交互に昇降できるようになった。